RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
一歩

あたらしい一歩を、踏み出すことになる。


わたしは強気そうなことばかり口にするけど、その実脆弱で情けないところがある。
「悔しさをバネに頑張る」「つらいときだからこそ踏み出す」ということができない。
つらいときは、すべてがつらくなり立ちすくんでしまう。目を耳を、塞いでしまう。

それは自分の短所だと思う。つらいときにも頑張れる人は本当にすごいと思うし、自分もそうなれたらと思っていた。
でもあきらめた。わたしは、やっぱり頑張れないときは頑張れない。非常に情けない結論だけど。

だから、時機を見ていた。そしてすべてが、今ならって思った。
いろいろなことが目まぐるしく変わってゆく。脆弱なわたしは、自ら望んだその変化にも今おぼれそうになっている。

わたしは変化に弱い。
好きな場所に、ずっといるのが好きなのだ。慣れた場所で、じぶんの居場所を心地良くしていくのが好き。
刺激はそれほど求めない。しいて言えば、居心地の良い場所でのささやかな発見、わくわくするような小さな刺激、が好きだ。
どんどん変わっていくなにかを見るのは疲れる。じぶんがその渦中にいると、とても疲れる。

だけど変わっていく。変えようと、している。

すべてが不安だけど、すべてがこれからだ。
いつかそこが心地よい場所になるように、今できることを精一杯。そしてひとつひとつ丁寧に。


10月から、保育園で働きます。
給食の先生になります。
たぶん年末には、別の街に一人暮らし。


喫茶店と塾については、また落ち着いたころに何か文章にできたらいいなと思います。
どちらも大好きでした。

初めてのことは、とても不安。だけど頑張るしかない。成果は別として、頑張ることだけは得意なんだものね。

たくさんの想いを超えて、進んでゆく。
落とさないように大切にかかえていきたい。




author:あさみ, category:日々雑記, 23:35
comments(0), -, pookmark
私の頭の中の校訓
 人から、ポジティブだと言われることがある。
その反面、ネガティブだと言われることもある。(こちらは親しい人だけ)

自分では、性質的にはとてもネガティブな方だと思う。
すぐ気にして、落ち込む。自分に自信が持てない。ネガティブというか、メランコリックなのかもしれない。
だけど私は、ポジティブな言葉を口にする。友人の相談にのるときも、友人に「すごいポジティブ!」とよく言われる。

別に無理をしているわけではない。
私の思考回路はあいにくネガティブにできているが、思想はポジティブなのだ。

落ち込んでどんなに下がっても、必ず、自分の頭の中のいちばん上に、ポジティブな思想を持っている。
イメージとしては、小学校や中学校で、教室のいちばん目立つところに校訓やらクラスのきまりやら貼ってあったでしょ。あの感じ。
いちばん目立つところに、大きな字で書いてある。「信じる」「前向きに考えてみる」「余計なこと考えない」って。

もちろん、それだけで気持ちがポジティブになる訳はなくて、そんなこと言われてもーううーってことの方が多いんだけど、貼ってあることは決して忘れないように。貼ったのは自分。いちばんかわいい自分。

貼ってあることを思い出して、そうだ、そういうもんなんだったっけな、って思うだけでちがう。
それ以上は、無理なら考えなくていい。ただ、ここだけが、この暗がりだけが真実だなんて思わないように。


ネガティブになるということは、結局は疑うことなのだ。
大切なだれかを、自分自身を、未来を。

極端な言い方だけど、ネガティブになることって私は卑しい行為だとも思っていて。
(もちろん自分に向けて思うだけです)
だって、失礼じゃない。自分のまわりの人たちに。自分に関わっている人たち、多かれ少なかれ自分を好きでいてくれている人たち、自分を信じていてくれる人たちに。
疑って傷つけるくらいなら、騙されて傷ついた方がマシ。だから、疑わないように生きたい。


信じる信じるよって何度も口にすることもせずに(それは圧力だ)、漂うように気持ちの波を泳いで。
疲れたらもぐってもいいけど、必ずまた陽のさす方へ。


そんなことを考えていた。
私は昔よりすこしポジティブになれただろうか。

author:あさみ, category:日々雑記, 23:32
comments(0), -, pookmark
むにむに
 
rps20110429_194327.jpg

どーーーん!!

さて、これはなんでしょう?

実はこれ、お友達お手製のクッション兼ブランケットなのです!

ほら!

rps20110429_194710.jpg

広げるとこんなふうに。

これは、彼女が「着ないんだけど大事にとっておきたいTシャツ」を活用すべく考え出し作り上げたクッションを…私がうらやましがり(笑)、同じものを自分のTシャツで作ってもらったのです。

だってこれ、超かわいくないですか?しかも画期的!
「着ないんだけど大事にとっておきたいTシャツ」の活用に困った人はたくさんいると思います。それで結局、たんすの中にしまったまま…
だけどこうなったら、いっそう愛おしいじゃないですか!しかもあったかいじゃないですか〜っ!

アイディアもすごいし、本当に器用ですよね。感動。

こんな手間や時間のかかるものをワガママにもリクエストしてしまったのに、快く引き受けてくれてこんなにかわいく生まれ変わらせてくれた彼女に感謝です。
ほんとにほんとにありがとーー!

しかも今、地震で不安だったり恋人と離れて寂しかったりするので、こう、抱きしめられるものがほしかったのですよ…(もじもじ)
これ、抱きしめると子どもと寝てるみたいで気持ちいいです(笑)


ちなみにこのTシャツは、milk fed.がHEAVEN27として最初に代官山にショップを出した記念のTシャツなのです。

rps20110429_194631.jpg

HERMESのパロディなのですが、このオレンジ×茶色のカラーリング、字体がかわいくて購入。
しかしなぜかXSしかなく、そのときの私は「着れるっしょ、どうにか!」と思って買ったのですが、これ本当にきつくて、着ると腕から胸が苦しい。やぶいちゃいそうで怖くて、着れなかったけど捨てられなくて。

これでインテリアやアウトドアグッズとして光を浴びるのです!じつに10年以上ぶりです!
10年着ないのにとっておく、この未練がましさすごいでしょう!
本当にこのころのmilk fed.やx-girl はかわいかったです。いや、今もかわいいですけどね。私が齢とっただけか(笑)

あまりいいニュースのない最近で、いちばんいいニュースを運んでくれたうえにすてきなプレゼントまで作ってくれたお友達に感謝でいっぱい。
そして皆さんに自慢したくて載せました(笑)
いいでしょ!かわいーでしょこれ!
うっひっひ〜




author:あさみ, category:日々雑記, 19:48
comments(0), -, pookmark
ばかだなって笑わせて
どもです。お久しぶりです。
(注:今回はかなり長いのでつき合いきれない人は飛ばして!)

2月から、書きかけの記事はいくつかあったのですが、自分の身辺がバタバタしてた時期だったので、少し落ち着いたら書き直そうかなぁなんて思ってたところに未曾有の大災害。

毎日が不安の連続で、初めてのことばかりの生活の中、情報の洪水に流されないよう必死で、だけど頼れるものもまた情報。
そんな情報過多の今、私なんかが下手な文章書いていいものだろうか。未熟な文章で定まらない思いを綴って、嫌な気分になるかたもいるだろうなぁ。
第一、今わたしが書く文章って、ほんとうのわたしの文章なの?なんてことを考えてたら、何も書けなかった。思うことは、たくさんあったけど。
 
あと、疲れはてていた。
私は千葉県に住んでいて、計画停電こそあったけど、電気も水もガスも使えていて、そんな私が「疲れはてていた」なんて脆弱もいいところだけれど、それでもやっぱり疲弊していたのは事実。

疲弊している自分を責める気持ちも強かった。
私なんかの数十倍、いや何百倍もつらい思いをした人たちに、自分がつらいなんて言うことは失礼だと思った。
ニュースを見ないようにしている自分は、逃げているだけなのかな、とも思った。
自分にしては大きな額の募金をしたけど、それが力になっている実感を得られない、あの映像や人々の声。


それで、どんどん弱っていったような気がする。

でもね、だれも悪くないんだよね。
地震はこわい。毎日が不安。ニュースを見ているのがつらい。そんなの当たり前だよ。変えられない。
だけど私たちは、ほんのすこし余裕がある。
だからその中で笑ったり歌ったり考えたりして、ちょっとずつ前に進む。できることを増やしていく。
ぐずぐすしたっていいじゃん。進めるときに進めれば。失敗したってブレたって、あとで修復することもできる。
そう考えられるようになってきた。少しずつ普通の生活と心を取り戻しているところ。なんか流行りのポジティブソングみたいで笑っちゃうけど、まぁそんなのが必要なときもあらーな、ってね。
 

そいでね、こないだすてきなことがあったので、今日はその話を。


ドライブをしていた。
気晴らしにどこか出掛けたかったけど、電車がすぐ止まってしまうから、ドライブ。ガソリンは買えるようになったから。
iPodをつないで、シャッフルで大きめの音で音楽を聴いていた。

震災から、静かな曲ばかり聴いていた。だけどあまりにセンチメンタルな曲は避けていた。
だけどそのとき、ハナレグミの『あいまいに甘い愛のまにまに』が流れてきた。

あっ、と思ったときには涙がこぼれていた。あれよあれよと涙が流れて、急いでハンカチを取り出した。
だけどここは車の中だし、泣いたっていいじゃん、と考えが変わり、同じ曲を何度も流して泣いた。
そうすると涙はするりとゆるやかに流れたので、運転に支障はなかった。

 
ところが、前を走っている車が、泣いているわたしに気づいてしまった。
前を走る車に乗った、大学生くらいのグループが後ろを振り返って見ている。

あぁ、やだなぁ、と思って涙を止めようとしたけど、すぐには止まらなかった。
やだなぁ。きっと、「後ろの女泣いてるよ!」「マジで?」「こえー」とかゆってんだろなぁ。あーぁ。

そのうち二車線になり、信号待ちでその車が右隣になってしまった。
気まずいと思いつつも、こわいもの見たさでそっと右を見た。

みんなで変な顔をしてふざけていた。
子どもみたいに両手をぴらぴらさせてる男の子もいたし、ほっぺをつぶした女の子もいた。
さあ、笑えー!って言ってるみたいに見えたので、大きな口で笑って見せた。


信号が変わればもう会うこともないひとたちだけど、その優しさと明るさがとてもうれしくて。
このブログを彼らが見ることもないと思いますが、お礼を書きたい気持ちです。


くだらないことで笑うこと、笑っていいんだってことを、1秒で示してくれたあなたたちをすてきだなって思います。本当にありがとう。


泣きたいときに泣くのは、悪いことじゃない。
だけど、泣いた後の寂しさやせつなさを考えると、泣くこともこわい。だからって誰かの前で泣くのもいやだ。迷惑かけたくない。
だから我慢して、我慢しすぎると溢れてしまう。もう涙腺のボルトが限界だったのだ。
そんなときに、他人の優しさがどんなにありがたいか。明るさがどんなに美しいか。

もっとも、当人たちは明るく元気な大学生(たぶん)。
深い意味や意思があったわけでなく、ただ単純にふざけただけなんでしょうけど、それがかえってよかったのね。そのときの私には。


その前の週にも、実は電車で泣くという失態を晒していたのです、わたし。
でもやっぱり、みんな見て見ぬふりですよね。
だからその日の私はとてもラッキーだったと思います。
せっかくの幸運なので、忘れたくないな、と思ったのも書こうと思った理由です。


久しぶりの長い日記、ものすごく長くなってすみません!
なんかでも、このグズグズ感もいいっすよね、ライブで。




author:あさみ, category:日々雑記, 19:28
comments(0), -, pookmark
最近の写真たち
 
rps20110429_142428.jpg


rps20110429_142629.jpg


rps20110429_142920.jpg


rps20110429_143309.jpg


rps20110429_144101.jpg


rps20110429_144931.jpg


rps20110429_145243.jpg


rps20110429_145710.jpg



最近撮った写真。
猫を飼い始めたので、猫が多いですね。猫はねねちゃんといいます。

いろいろとたいへんなことが起こっていて、じぶんの無力さを感じているところですが、こうして慎ましく暮らしていくことだけが、じぶんにできることなのかなぁと。


rps20110429_143412.jpg

わたしは元気ですよー



author:あさみ, category:日々雑記, 14:43
comments(0), -, pookmark
言葉にならない
新年一発目が、いきなりライブレポなんですけどいいですかね。


 1/26(水)、くるりニューアルバムツアー「言葉にならしまへん、笑顔を見しとくれやしまへんやろか〜」@STUDIO COAST行ってきました!
※演奏した曲目も書くので、知りたくないかたは読まないようにしてくださいね。

いや、よかった!音も厚くて、聴きたい曲たくさんやってくれたし、楽しかった!


まずね、くるりのニューアルバム「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」がほんとによくて。
正直に言えば、やっぱり「さよならストレンジャー」や「図鑑」や「ワルツを踊れ」のびしーっとくる感じは、ないです。今挙げたアルバムの方が、個人的には好きだしすごい作品だと思う。

でも、今のくるりが、このアルバムを出してきた、この感動。
うまく言えないけど「好きでいてよかった」と思えた。
いいメロディー、シンプルだけど味のある演奏(このアルバム収録曲には、前奏が好きな曲が多い)、ほんのり香るくるりの青さと痛み。
いいアルバムだと思う。これからのくるりに不安も感じていたからほっとした。


そんな思いがあったので、もうね、このアルバムの曲聴くと泣きたくなるんですよ。胸いっぱいになって。
しかも、個人的にもいろいろあってアンテナがバカになってるので、こりゃ泣くんじゃないかってハラハラしながらCOASTへ。

でもCOASTってバリバリの踊れるライブハウスでしょ?そうでしょ?じゃあ踊れる曲もやってくれるのよね?
と思って、服装だけはライブ仕様で(くるりTにショートパンツ)行ったら、お客さんみんな普通のカッコでびっくりした。

あたし、くるりのライブってホールじゃない限り基本的に踊ると思ってたし、今回のライブチケットは倍率が高かったので(初めてファンクラブで落とした!)同じような気持ちのファンがわんさかいると思ってたのに…
今回のライブで唯一腑に落ちなかったのはそこかな。ファンが踊らない!静かすぎる!
いや、うるさきゃいいってもんじゃないけど、なんか普通に売り上げが伸びてるから倍率上がったんだなぁって気がして残念でした。
『街』で踊らない奴らとかなんなの!ウキー!!


はぁはぁ(息切れ)
話戻します。


まずね、一曲目がまさかのハヴェルカ!
からのー…ワンゲル!
ちょっとよくわからない(笑)
でも予想外の流れでうれしかったな。

その後、ニューアルバムからの曲をたくさん演ってくれました。
特に『FIRE』がよかった!この曲大好き!
声が出るのか心配していた『犬とベイビー』も超かっこよかったー♥

この日、じぶんが悩んでたのもあったけど、ほんとに胸がじんとするライブでした。
『FIRE』『ブレーメン』『魔法のじゅうたん』『ばらの花』は半泣きで見た(笑)


今回のツアーは、岸田&佐藤さん、ドラムにボボ、ギターにフジファブリックの山内くん。
正直、フジの山内くんに関しては、ちょっと同情もあるのかなぁなんて思ってたんですけど(ごめんなさいごめんなさい)、ギターの重なりめっちゃよかった!厚みも安定感もあってかっこよかったー!
今回の演奏は、安心して聴いていられる感じ。ほんとよかった。


あとね、アンコールがすごかった。

ハイウェイ
魔法のじゅうたん
ばらの花
というキラーチューンのあと、
新曲

ロックンロール
という…!
こ、こんなにいいんですかー!って感じでした。

今回は本当に演奏がよかったのと、岸田の表情(声も含めて)に余裕があったのが嬉しかったです。
行ってよかったー!
いちばん心配だったのは声なんですが、以前より出ないなりに出せる方法を見つけた感じです。それはそれで、やっぱりすてきなので、よかったなぁという感じ。
でもほんと、喉は大事にしてほしい…


今年に入って、引っ越しもあったしバタバタしてて、その中で大事件もあって(じぶんの中でね)心が千々に乱れていた。
この日のライブも、ほんとは行くか迷ったくらい。落ち込んでいて楽しめないかなーって思ったし、落ち込んでる状態で見るのが失礼な気もした。
でも本当に、行ってよかった!
くるりの演奏はすばらしく、いっしょに行った友達は私の心を軽くしてくれた。
ありがとう!!

あとひとつだけ、気持ち悪いこと言いますけど(定番)
『ばらの花』で岸田が声をのばすときに、唇を片側上げて苦しげな顔するのが、どうしようもなく好きなんです…
このひとは高い声だすときによく顔を歪めるんですよね。その顔が気持ち悪くてかっこよくてゾクゾクします。『ばらの花』歌うときはいつもそうな気がするなぁ。
はい、引かないーっ!


あぁーほんとよかったなぁ。
武道館も行きたいな、とか少し思っている…!











author:あさみ, category:日々雑記, 15:27
comments(0), -, pookmark
さよなら2010
 あわわ、いつのまにやら年の瀬どーん!
毎年やってた10重大ニュース、考えてなかった!とりあえず思いつくままに考えてみます。

1.また胃腸炎!そして胃炎!
2.twitterたのしい!
3.調理師免許取得
4.京都、奈良まで行けた
5.キセルのおふたりと話せた!
6.くるりの新譜に感激
7.姉が家を建てた
8.ちーちゃんに赤ちゃん生まれる
9.ちーちゃんが北海道へ引っ越す
10.今のすきなひとに出逢う

こんな感じですかねー、こうやって書くといろんなことあったな。まぁ悪いことはあまり書かないように、ってしてるのもあるけど、いいことたくさんあったんだね。

1:なんと今年は1/2の初詣でノロウイルスをもらってきました!わーついてるー♥
でも去年のほどひどくなかったかなー。でもまぁ、二週間近く絶食したけどな!
あと10月になんかもーわけわからんほどにみぞおちが痛くなり(エビみたく丸まって、からだ伸ばせないんだから!)、病院行ったら急性胃炎でした。胃炎の方が最初の痛みはきついけど、治りはよかったです。

2:胃腸炎で無駄にした正月休み、ヒマすぎてtwitter開始。これがね、ほんと、思った以上にたのしい。
わたし、それまでmixiのオフ会とかも「あやー…」と思ってたし、twitterの方が文字数短かったり足跡つかないぶん、軽くつきあえていいなーと思ったわけです。
でも、毎日すこしずついろんな話をするし、短い文って迷わないぶん人柄が出る。で、だんだん会いたい人っていうのが出てきて、結果たくさん友達ができました!
ライブ仲間もできたし、ほんとに始めてよかったなー。

3:これは日記で書いたけど。久しぶりの勉強はつらかったけど、無事合格できてよかったです。

4:電車に乗れなかった自分が嘘のように、去年今年はアクティブに動けた。やっぱり、気持ちを上に向けることと勇気が大事だね。
新幹線はまだこわいと思って高速バスにしたけど、来年は新幹線に挑戦したいな!
京都・奈良はほんとにすてきで、来年も行きたいなぁ。ほんとに。

5:コエドビールのお祭りに行ったら、キセルのお二人が普通にステージの外に出てきていて、声をかけて握手もしていただけました。
おにいちゃんの結婚に失恋気分も味わいましたが、やっぱりすてきなひとで、いっしょにいた友達にも「目がハート!」と言われました。
ちょっと話しずれますが、このときいっしょにいた二人もtwitter発で仲良くなったのですが、ほんとーに気持ちのいい、ゆかいな二人!大好きな友達が増えたのは今年のすばらしいことのひとつ。

6:くるりのニューアルバム、出るまでは聴くのがこわかった。でも聴いてみたら、「あぁ、こういうことだったのか」と思えるような、くるりらしさが香りつつも王道で、堂々としたいいアルバムだと思う。
これがくるりだよ、と人に勧めるときに差し出す一枚ではないけれど、自信を持ってお勧めできるし、自分の中ではとても思い入れある一枚。

7〜9:ここは私のことではないので詳しくは書きませんが、私にとってもすごく大きな出来事でした。



来年はもっといい年になりますように!今年に感謝してステップアップしたい!

では皆さん、2010年もあさみとmelting honey potをかまってくれて、ありがとうございました。2011年もよろしくどうぞ。

これからCOUNTDOWN JAPANで年越してきます!!








author:あさみ, category:日々雑記, 10:58
comments(0), -, pookmark
愛は霧のように(或いは日差しのように)

突然ですけど、皆さんどんなふうに愛されたいんですかねぇ。

恋愛ってよく、「情熱的な恋」と「ほのぼの、ゆったりした恋」の二択に分類されますけど、なんだかどちらもピンとこない。

それで、私が思うのは、「降りそそぐように愛されたい」ですね。

愛されたいんですよ、ちゃんと。やっぱり、愛は愛であったほうがいいと思う。「私たち、もうそんなんじゃないしー」みたいなの、いいことなのかもしれないけど、でも私はあんまり羨ましくない。
でもなんか、好きだー!どーん!じゃ疲れるじゃないですか。スタミナもたない。
だから日々、浴びるように少しずつ、ミスト状に愛を感じたいですね。そんでときにはまとわりついて、「なんだよ、もうっ」とか言いたい。

どうでしょう、このミスト愛のススメ。けっこう共感を得られるような気がするんですが。

でもこの気持ちをどう相手に伝えればいいのかよくわかんないですね…
とりあえず、私も相手への愛情をミスト化するよう努めます。

あ、ちなみに、最初は強めのシャワーの方がよいかと思います!




author:あさみ, category:日々雑記, 01:00
comments(0), -, pookmark
サーティースリー

コニチハー
誕生日を迎えて33歳になったあさみです!オトナ!オトナすぎる!

とはいっても、突然オトナにはなれないもので、あんまり去年と、いや5年前なんなら10年前とも変わってないような気もするのですが、まぁそんなもんですよね。
ハタチくらいまでは、自分がだんだん大人になって変わってしまう、言いたくない台詞も言うようになってしまうのではないかと不安でしたが、なんてことはない、言いたくないことは言わずにここまで来た。

思ったよりも大人への道は遠い。もはや、大人になれなくてもいい。

子どもっぽいひともいや、大人ぶってる人もいや。
自然なようすで笑える、皺ができても可愛いひとになりたいものです。
そしてそうね、齢をとるごとに優しくなれたらいいなと思います。たぶん、ハタチのころの優しさより、今の優しさのほうが深いと思うので。


ハロハロハロー。
みなさんは元気ですか?
寒くなってきましたが風邪などひかぬよう!

201012020929000.jpg
33になった記念に、前髪を短くしました。







author:あさみ, category:日々雑記, 22:55
comments(0), -, pookmark
若さのない犬
 うちの近所に、すごくかわいい犬がいる。名前は知らない。

201010121437000.jpg

いつも、ガラス越しに見ている。
近所の肥料屋さん(?おそらく業務用に肥料や土を卸している店。一般のお客さんが入っていくのは見たことがない)の犬で、いちおう店なので入り口がガラス張りになっているのだけど、そこでいつもひなたぼっこしている。

店番は、おじいさん一人。といっても、おじいさんはいつも背中しか見えない。入り口に背を向けるかたちで、パイプイスに座ってストーブに当たっている。不思議なことに、夏も同じ場所に同じ向きで座っている。ストーブはもちろんないのだが。

で、この犬はたまにおじいさんのところにテクテク歩いていって撫でてもらったりしているようだけど、おじいさんがけっこうなおじいさんゆえ殆ど動かない。
そのせいだろうか、この犬は1年前に見たときは小犬だったはずなのに、今や老人のような雰囲気をかもしだしている。基本的に寝ているし、動きもにぶい。
なので私は心の中でこの犬を「若さのない犬」と呼んでいる。

201010121437001.jpg


最近この犬の傍らに、がじがじになった紫と薄黄色の物体が転がっていることが多い。
何かと思っていたのだが、先日ようやく確認できた。

芋だ。

芋で遊んでいたのだ、この犬は。
ほねっこでも、ガムでも紐でもなく、芋。
どこまで若さがないんだ…と思ったが、なんだか更にこの犬が愛おしく思えた。


そんなこんなで、私と若さのない犬の交流は、薄ーく、しかし絶えることなく続いていた。
私が近づくと若さのない犬はしっぽを振り、顔を上げる。起きないけど。


今日、その店の前を通ったら、犬はいなかった。
おや、と思って見ると、なんと犬は外につながれていた。
私は嬉しくなり「お、どしたー?」などと声をかけ、犬のつながれている場所まで近づいた。(店と住居と駐車場の間につながれていたので、駐車場から行けた)

ワン!!

驚くほど若々しい声で犬は吠え、尻尾をちぎれしうなほど振って飛びついてきた。
前足で私のからだをロックオンすると、顔をベロベロ舐め始めた。
は、激しい…!これが、あの、若さのない犬…?あたし、わかってなかった、彼まだ若いわ…!
などと思っているうちに唇から血が出る始末。

あまりの激しさにたじいだ私は早々にその場を退散。
犬は、ワンッ!ワンワン!!と吠えていた。

やっぱり、ほんとは若いんだ…
と思いながら家路につき、ふと、
そういえばあの犬、前足がピンクがかってたけど、少しハゲてる?
と考えていた。

今、わかった。

あれ、芋だ!
芋の色素が前足に移ってるんだ!

部屋で荷物を置きながら、ふひひ、と笑った。
やっぱりあの犬が好きだ。



写真は、かろうじて起き上がっているところです。全然しゃんとしてないけど。







author:あさみ, category:日々雑記, 15:00
comments(0), -, pookmark